日常絵日記

『トーチソング・エコロジー』は絶対読んで欲しい!※ネタバレ有

 

こんにちは 土足文化は体験しないと理解が追い付かない あやみです。

 

 いやはや 今度2018年3月3日に

映画『プリンシパル』が公開されますね。

ジャニーズWESTの小瀧望くんが主演すると

いうことで話題になってますが。

 

この原作コミックの作者。

「いくえみ綾」さんの作品には他にも

い~っぱい素敵な作品があるので!

今回はその中でも私のイチオシ作品

ご紹介したいと思います!!

 

その作品がコチラ!↓

『トーチソング・エコロジー』

です!

こちらの物語、説明させて頂きたいの

ですが。

※これから微ネタバレ有りますので

嫌な方は…こちら記事でも見てね!!

 

さて…こちらの漫画のあらすじをざっくり

説明しますと。

売れない役者の清武迪(きよたけすすむ)27歳、が住むアパートの隣に高校時代の同級生の女性、日下苑(くさかその)が引っ越して来るが、何故かその彼女の傍には迪にしか見えていない小さな女の子の姿が…初めは幽霊かと思うが…

 

 

「…アタシは与えられなかった命

届かなかった想い

伝えられなかった言葉」

と、告げられる…。

 

というのがざっくりとしたあらすじ

なのですが。

『…え、命?女の子?想い???』(‘;’)

って感じですよね。

 

ま。

とりあえずは深く考えないでください(笑)

 

そして隣人の苑は高校時代、自分の親友

峻(しゅん)のストーカーをしていて。

それを諦めさせる為に

『俺達ゲイで愛し合ってるんだ!』

という嘘の演技を2人でした結果

あまりのバカバカしさに苑も諦めがつく。

という過去のエピソードがあって。

それがキッカケで迪は俳優を目指す

ことになる……のだけど。

 

じつは峻は高校を卒業してその年の暮れ

バイク事故で亡くなっているんですね。

 

そして目の前の女の子は

ふいに峻に姿を変えます。

 

 

女の子は自分は集合体の一つだと言います。

(先日亡くなった役者の先輩にも姿を変えたりします)

 

そしてスーちゃんは峻に対してずっと後悔

の念を持っていたのですが、それが事故の前

に届いていた峻からのメール。

 

《あの演技をした時、真実の口に

2人で手を入れたら噛まれるのは

スーだけだと思った》

 

真実の口と言えばローマの休日に出てきた

彫刻で、その口に手を入れて嘘をついたら

手を噛み切られるという、アレです。

 

…そう、噛まれるのはスーだけという

ことは、つまり……。

 

峻は本当に。

スーちゃんを愛していたんですね。

 

ここまで読んだ時私は直ぐに。

『え、これBL!? BL漫画なん!?』

と興奮しましたが(興奮すなよ)

 

読み進んでいく内に、これはそう簡単に

「BLジャンル」と、カテゴリー分け

出来ない物語なんじゃないか?と

思えてくるんですよ。

 

高校時代の峻そのままの彼が目の前に現れ

あのメールに返信出来なかったこと。

返信する前に死ぬとは思ってなかったんだ。

など、話をします。

 

それから女の子になったり峻になったり。

その存在はスーちゃんの日常の傍に何故か

居続けて、時々あれこれと話かけてきます。

 

 

そして次第にスーちゃんの人生は

ゆっくりと動き出し……。

 

 

今を生きているし、生きていこうとしている

けど。何か過去に置いてきて見ないように

していたものがずっとどこかに引っかかって

いて足取りが上手く進まない…。

 

きっとこの世界にはそんな大人達が

沢山いるんじゃないかと思うんですよね。

(私もそうだし)

 

そんな人々に、是非読んでもらいたい作品

がこの『トーチソング・エコロジー』

なんです。

 

『届かなかった想い

伝えられなかった言葉』

 

ありますよね。

 

物語のラストに、こんなにも

優しい終わり方ってあるんだ、って

胸がいっぱいになります。

 

全3巻であっという間に読める

ので是非お時間ある時に読んでみては

いかがでしょうか!

本当にオススメの作品です(*^^)

[まとめ買い] トーチソング・エコロジー(バーズコミックス スピカコレクション)

新品価格
¥1,850から
(2018/1/30 15:59時点)